社会福祉士の年収、額面平均403万円 35.8%が「満足」と回答

介護系専門職をターゲットとする「就労状況調査」の最新の結果(速報版)「就労状況調査」の最新の結果(速報版)が、厚生労働省と社会福祉振興・試験センターから今月9日に発表された。【Joint編集部】

介護・福祉の現場で働く社会福祉士の年収が明らかにされている。税金や保険料などを引かれる前の額面で、2019年の平均が403万円(非正規職員を含む)。昨年の11月から12月にかけて調査を実施し、全国の約7万7000人の社会福祉士から回答を集めたという。

介護福祉士や社会福祉士などの就労状況調査(速報版)

2019年の社会福祉士の額面年収を男女ごとにみると、男性が473万円、女性が365万円となっている。正規職員は全体の81.6%。それ以外はパートや契約職員、派遣職員などだった。正規職員だけ、パートだけ、といった雇用形態ごとの年収は今回は示されていない。

社会福祉士が従事している分野では、高齢者福祉関係が39.3%で最多。以下、障害者福祉関係が17.6%、医療関係が15.1%、児童・母子福祉関係が8.2%と続いていく。

社会福祉士の給与水準の満足度をみると、「満足」「やや満足」があわせて35.8%。「不満」「やや不満」の32.5%を少し上回った。このほか、「分からない」との答えも31.2%と少なくなかった。

コメント[18

コメントを見るには...

このページの先頭へ