LIFEデータのフィードバック、23日から 厚労省が発表

LIFE 科学的介護情報システム(6/21)《厚生労働省》

厚生労働省は21日、科学的介護情報システム「LIFE」のフィードバック帳票について、5月10日までにデータを提出した事業所は、23日からダウンロードできる予定だと発表した。

LIFEホームページで、フィードバック帳票がダウンロードできるようになれば改めてお知らせ欄で知らせるとしている。また、今後のフィードバックについても、お知らせ欄等を通じて知らせる。

LIFEの利活用の手引きによると、LIFEで作成されるフィードバック票は、事業所票と利用者票の2種類で構成されるとしている。事業所が提出したデータを基に作成されたフィードバックを活用し、PDCAサイクルの推進とケアの質の向上を図る取り組みを実施することが求められている。

ケアの質の向上に向けた科学的介護情報システム(LIFE)利活用の手引き

今後、自事業所・利用者のアセスメント結果に関する過去からの推移や、要介護度等が同程度の施設・利用者との比較が可能になる。

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ