アルツハイマー病新薬の米承認 田村厚労相「大きな一歩」


《 田村憲久厚労相 》

日本のエーザイらが開発したアルツハイマー病の新薬をアメリカ当局が承認したことを受けて、田村憲久厚生労働相は8日の閣議後会見で、「1つの大きな一歩」と期待感を明かした。【Joint編集部】

国内では昨年12月に申請があり今も審査中。田村厚労相は、「画期的な治療薬だと思う。ただ現在、日本では安全性・有効性の確認をしているところ。まずはしっかりと審査を行い、そのうえで対応を決めたい」と述べた。

この新薬は、エーザイとアメリカの製薬会社「バイオジェン」が共同で開発した「アデュカヌマブ」。脳内にたまった異常なタンパク質(アミロイドβ)を取り除き、認知機能の低下を抑制する効果を示しているという。症状を一時的に和らげる従来型の薬とは大きく異なり、新たな治療の道を開くかもしれないと指摘されている。

8日、アメリカのFDA(食品医薬品局)がこれを条件付きで承認したと複数の国内メディアが報道。NHK NEWS WEBは、追加の臨床試験で更に検証を重ねる必要があるという立場をFDAがとっており、その結果次第で承認が取り消される可能性もあると伝えている

コメント[6

コメントを見るには...

このページの先頭へ