高齢者施設で入所者殴り重傷 介護士を逮捕【埼玉県】

埼玉県警は2021年6月4日、高齢者施設に入所する男性を殴り重傷を負わせたとして、この施設に勤務する介護士の久志隆史容疑者(23)を傷害の疑いで逮捕したと発表した。調べに対し、容疑を認めているという。

逮捕されたのは、越谷市の介護士、久志隆史容疑者。警察によると、2021年5月31日午前5時ごろ、久志容疑者が勤務する越谷市の介護老人福祉施設「越谷よさこいホーム」で、入所者の84歳の男性を殴りあばら骨を折るなど全治1か月の重傷を負わせた傷害の疑いが持たれている。

男性は、別の職員に痛みを訴えて病院を受診。施設から「職員の暴力で負傷した可能性がある」と申し出があり、病院が警察に通報した。

調べに対し、久志容疑者は容疑を認め、「介護中に抵抗され、頭にきたので暴力をふるった」などと供述しているという。

コメント[7

コメントを見るには...

このページの先頭へ