LIFEへのデータ提出を8月10日まで猶予、手続き遅延に対応 厚労省

科学的介護情報システム(LIFE)に係る対応等について(4/23付 事務連絡)《厚生労働省》

厚生労働省は23日、4月からスタートした科学的介護情報システム(LIFE)の利用申請への対応などが遅れていることを受けて、要件を満たす場合はデータ提出期間を8月10日まで猶予するとの事務連絡を各都道府県に宛てて出した。

厚労省通知:Vol.973

LIFEによるデータの提出等を要件とする加算について4月から算定などを行う場合、当初のスケジュールでは、5月10日までにLIFEを用いて必要なデータの提出を行うこととしていた。

LIFEを新規で利用する場合などは、各介護事業者がLIFEのウェブページから新規登録を行うことで、各種の設定に必要なIDなどが記載されたはがきが送付され、LIFEヘルプデスクでは操作の不明点などに対応しているが、いずれも遅れが出ていることを事務連絡で示した。

このため、▽期限までに新規利用申請をしたが、はがきの発送が遅れている▽4月に加算を算定できるよう、LIFEヘルプデスクへの問い合わせを行ったが回答がない、または解決に至らないことで期限までにデータ提出が間に合わない-場合は、できる限り早期にLIFEにデータ提出を行うことで、4月サービス提供分の加算を申請できるとした。6月サービス提供分まで同様の扱いが可能で、4-6月サービス提供分のデータ提出の猶予期間を8月10日までとする。

また、猶予の適用を必要とする理由および提出予定時期などを盛り込んだ計画を策定することで、猶予措置の適用を受けて加算の算定ができるとした。ただし、提出すべき情報を8月10日までに提出していない場合は、さかのぼって過誤請求を行う必要がある。

4月サービス提供分から加算を算定して5月10日以降にデータ提出をする場合は、データ提出が行われた事業所へのフィードバック情報(事業所の平均などの情報)の提供は7月ごろまでに行う予定で、これについては改めて示すとしている。加算の算定には、データ提出とフィードバック情報の活用などが要件となるため、留意するよう求めている。

コメント[9

コメントを見るには...

このページの先頭へ