厚労省、介護報酬改定の新たなQ&Aを公表


《 介護保険最新情報Vol.966 》

厚生労働省は15日、今年度の介護報酬改定をめぐる疑問に答えるQ&Aの第6弾を公表した。【Joint編集部】

介護保険最新情報のVol.966で周知している。

介護保険最新情報Vol.966

前回(第5弾)は7つあった問答も今回は4つのみ。以下のテーマが取りあげられている。

1. 訪問リハ、通所リハ、老健、介護医療院、介護療養病床の「算定の基準」

2. 通所介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、通所リハ、看護小規模多機能の「栄養アセスメント加算」

3. 通所介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、特定施設、地域密着型特定施設、特養、地域密着型特養の「ADL維持等加算」

4. 介護予防訪問リハ、介護予防通所リハ、介護予防訪問看護の「利用開始の月から12月を超えた場合の減算」

このうち「栄養アセスメント加算」の項目は、LIFEへの情報提供を見送る"やむを得ない理由"を解説するもの。また「ADL維持等加算」の項目では、ADL値の測定時期についての説明が記載されている。

コメント[0

コメントを見るには...

このページの先頭へ