その職業紹介業者、もしかして悪質? 厚労省が介護向けチェックシート公表

  • 政府・行政
  • 介護のニュースサイト Joint
  • 8
  • 閲覧数:2,853

《 厚労省 》

職業紹介の悪質な事業者を避けるために使う介護事業者向けのツールを、厚生労働省が新たに公表した。【鈴木啓純】

今回公表されたのは、「適正な有料職業紹介事業者の基準」。取り引き相手がこれを満たしているのかどうか、チェックシートで簡単に確認できるようになっていて便利だ。既に業界団体の公式サイトなどにも掲載されている。

介護分野における適正な有料職業紹介事業者の基準

厚労省は、「トラブルを少なくできるほか、求人者・求職者の双方にとってより良いマッチングにつなげることができます」などと紹介。事業者に活用を促している。

チェックシートは、職業紹介の事業者が必ずクリアしていなければならない「必須基準」と、クリアできていることが望ましい「基本基準」の2種類。例えば必須基準では、「返戻金制度を設けているか」「自らの紹介で就職した人(無期雇用)に対し、2年間転職の勧奨を行っていないか」などの項目がある。

厚労省は、「取り引きを検討している職業紹介の事業者に、このチェックシートの記入を求めてください。基準に満たない項目については、その理由を聞いてみてください」などと説明。「事業者を選定する参考として活用し、円滑な人材採用にお役立てください」と呼びかけている。

コメント[8

コメントを見るには...

このページの先頭へ