入所者に暴行 障害者施設元職員3度目の逮捕【愛知県】

愛知県警半田署捜査本部は、2021年3月9日、東浦町の障害者施設「なないろの家」での虐待事件をめぐり、入所者の男性2人に対する傷害罪で起訴されたこの施設の元臨時職員、水野有幸被告(46)を、別の入所者の男性に対する傷害の容疑で再逮捕した。水野被告の逮捕は3度目で、調べに対し容疑を認めているという。

警察によると、2019年8月29日の夜、東浦町の障害者グループホーム「なないろの家」で、重度の知的障害のある50代の入所者の男性がベッドに横になっていたところ、男性の腹を蹴り小腸に穴をあける重傷を負わせた傷害の疑いが持たれている。男性は病院に搬送され、およそ3か月間入院した。

施設を運営する「愛光園」によると、当時水野容疑者はひとりで勤務していて「男性はベッドから落ちた」と話しており、男性が腹痛を訴えていたものの虐待は疑っていなかったという。しかし、男性は2019年3月と6月にも腹部のけがで搬送されており、警察が関連を捜査している。

調べに対し、水野容疑者は「いうことを聞かないのでキレた」と供述し、容疑を認めているという。警察は、水野容疑者が入所者の男性4人にけがをさせた可能性があるとみており、そのうち2人は死亡にいたっていることから、さらに捜査を進めている。

コメント[2

コメントを見るには...

このページの先頭へ