ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 改めて「同意署名」の規定を整理

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

改めて「同意署名」の規定を整理

  21/06/18 11:25 閲覧数[ 5329 ] 
2021年度の基準改定で、現場の解釈が未だに錯そうしているものの一つに「利用者の各種同意にかかる署名・押印」があげられます。たとえば、押印は不要として署名はどうなのか。代替え手段はどうすればいいのか。もう一度確認しておきましょう。
規制改革推進会議で示された対応済み事項
まず、契約書、ケアプラン、重要事項説明書、運営規程などについてですが、厚労省が規制改革推進会議で示した「2021年4月に対応済み」とした内容を確認します。「ケアプランや重要事項説明書等における利用者の説明・同意」に関して「利用者等の署名・押印」を「求めないことが可能」というものです。
これについては、一部の自治体でも現場向けに通知を出しています。その多くは、昨年6月に内閣府・法務省・経済産業省が出した「押印についてのQ&A」から、以下の一文を取り上げています。「私法(民事訴訟法等)上、契約は当事者の意思の合致により成立するものであり、書面の作成およびその書面への押印は、特段の定めがある場合を除き、必要な要件とはされていない」というものです。
つまり、契約書や重要事項説明書における利用者からの「押印は不要」と

続きを読む

この投稿には、32件の回答があり、4人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/29
06/25
06/23 デジタル化を阻んでいるもの。
06/23
06/23
投稿日 回答/コメント タイトル
06/22
06/22
06/22 私の頭では
06/21
06/21
 

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する