カテゴリ [ 担当ケースについて相談したい ]

49歳の方の支援について

パソコンから投稿   21/06/16 19:40 閲覧数[ 3282 ] 参考度数[ 2 ] 共感度数[ 2 ]
急遽包括から昨日退院した人の依頼があり、先ほど訪問してきました。

49歳の2号で、癌末期の方です。

大腸削除、小腸の一部も削除でストマ造設、癌が肺に転移してます。
バセドウ病があり、退院後は居宅療養診療、医療訪看、居宅薬剤が決まってます。
認定調査を病院で行う予定だったが、調査前に退院されました。
ベッドが必要ですがADLは自立、認知症も無いので介2は出ないと思います。
医師は協議書を書く、と言ってくれましたが起き上がりができないわけではないので、通らないかもしれません。


心配しているのは、ご利用者さんはシングルマザーで22,20,17歳の子供さんがいますが、ご自分の病気の事を話されていない事です。
緩和ケアで延命は望んでおられませんが、子供さんたちは薄々知っていても、現在の病状を解っておられないそうです。

20歳の娘さんと同居されていますが、昼間仕事をして、夜間に専門学校へ行っていて、殆どの時間を一人で過ごされることになるようです。
よく解っていない娘さんが、利用者さんがいなくなられてから
「あれもしてあげたかった、もっと一緒に過ごせば良かった」と悔やまれるのではないかと思いますが、
ご本人は娘さんに心配をかけたくないから話したくない、との思いが強いようです。

ご本人はこの先の不安がいっぱいで、
入院中は心理士が毎日のように病室訪問していたとの事ですが、
在宅では一人で過ごす時間が長くて
精神的に辛いのではないかと思います。

今後、自費ベッドレンタルになった場合
直接の介護サービスは無くなるのですが、
どのように関われば良いのか、
どうしてあげるのが一番良いのか、
皆さまならどうされるか意見を頂きたくて投稿しました。

読みにくい文章になってしまいました。
よろしくお願いします。
この投稿には、13件の回答があり、2人の方が参考にしており、2人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
06/18 もう終わった感じですが
06/17 皆さま、本当にありがとうございます。
06/17 お子さんたちも分かっていますよね。きっと…
06/17 ん?
06/17 自分なら「次の段階」を想定して関わる。
投稿日 回答/コメント タイトル
06/17 少数派の意見かもしれないが…
06/17 17歳の子供の親権者
06/16 Re:49歳の方の支援について
06/16 これは・・・
06/16 心配はわかるのですが
 

掲示板に投稿する