ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 高齢者医療の負担増、法案は参院へ

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

高齢者医療の負担増、法案は参院

  21/05/12 10:18 閲覧数[ 642 ] 

《 田村厚労相(2021年4月撮影)》
田村憲久厚生労働相は11日の閣議後会見で、75歳以上の高齢者から徴収する医療費の窓口負担を所得に応じて2割へ引き上げることに改めて理解を求めた。【鈴木啓純】
「団塊の世代の方々が後期高齢者になっていく。医療保険制度の財政は厳しい。負担能力のある方には応分の負担をお願いしていく」。
田村厚労相はそう説明。「国民皆保険を守るためには、非常に申し訳ないが一定のお願いもしなければならない」と述べた。
あわせて「今後、2040年にかけて高齢化はピークへ向かっていく。まだまだ色々な改革をしなければならない。不断の見直しをしていく」とも語った。
後期高齢者の医療費の窓口負担は現在、現役並みの高い所得がある人を除いて1割。政府はこれを改め、単身で年収200万円以上(夫婦2人なら年収320万円以上)の人などを2割へ引き上げる方針だ。厚労省によると約370万人が負担増となる見通し。
国会では野党が、高齢者の"受診控え"につながるとして慎重論を展開している。法案は11日に衆院を通過した。田村厚労相は、「参院でもじっくりと議論を深めていきたい」との意向を

続きを読む

この投稿には、9件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新9件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
05/16 至極当然のこと
05/15 代議員に期待はしない
05/14 以前にも書きましたが、現役世代の負担が大…
05/13 失礼しました
05/13
投稿日 回答/コメント タイトル
05/12 まだまだ老人に甘い様に感じます
05/12  
05/12
05/12

同じカテゴリの新着掲示板

新着総合

掲示板タイトル  (コメント数) 閲覧数
サ高住に住まわれておられる利… (9)NEW 411
就業規則について。 (1)NEW 55
社会福祉協議会の財務状況など (2)NEW 149
区変の区変は? (5)NEW 152
処遇改善で440万超え続出 (7)NEW 912
掲示板に投稿する