ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 認知症の人の接種、課題は多い

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

認知症の人の接種、課題は多い

  21/05/06 10:11 閲覧数[ 840 ] 
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が、高齢者に対しても始まっています。同ワクチン接種は任意であり、「副反応リスク」などを理解したうえで本人の意思決定が尊重されます。課題となるのが認知症の高齢者ですが、厚労省からは、本人の意思決定支援における留意事項(事務連絡)が示されました。

「接種」に向けて「するべきこと」は多い
事務連絡では、「日頃から身近で寄り添っている方々の協力を得て、本人の接種の意向をていねいにくみ取る」としています。これは、2018年に示された「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン」に準じた取り組みと考えていいでしょう。
注意したいのは、実際の接種に向けた手続き等は、「接種を受けるか否か」という同意だけではない点です。「接種の意思」→「接種の予約(接種希望会場・日時の通達)」→「当日の予診票の記入」→「接種券等の持ち物の準備」→「会場への移動」→「予診票の確認・問診を受ける」など、随所で意思の表示や確認が求められることになります。
「本人の意向をていねいにくみ取る」といっても、上記の流れにおいて「どのタイミングで、誰が、どのように

続きを読む

この投稿には、5件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新5件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
05/13
05/07
05/07
05/07
05/06

同じカテゴリの新着掲示板

新着総合

掲示板タイトル  (コメント数) 閲覧数
就業規則について。 (2)NEW 69
サ高住に住まわれておられる利… (9)NEW 431
社会福祉協議会の財務状況など (2)NEW 163
区変の区変は? (5)NEW 172
処遇改善で440万超え続出 (7)NEW 932
掲示板に投稿する