ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 深く、広い対医療連携が必須の時代

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

深く、広い対医療連携が必須の時

  21/04/15 16:24 閲覧数[ 1197 ] 
今回の介護報酬・基準改定では、加算要件への対応にかかわらず、運営基準でも「医療職のかかわり」が大きくなっています。介護現場への日常的な医療職の関与が大きくなるとすれば、2022年度の診療報酬改定の行方にも、今まで以上の注意を払うことが必要です。
感染対策委員会への参画が望まれるメンバー
今改定で、全サービスに対して「感染症対策」にかかる取り組みが義務化されました(3年の経過措置あり)。その取り組みの一つに、感染症予防・まん延防止のための委員会の開催(おおむね半年に1回)があります。施設系サービスでは従来から定められていますが、居宅系サービスなどでは初めての義務化です。
そして、その委員会の参加メンバーについて、以下のような留意事項が示されています。それは、「感染対策の知識を有する者を含む幅広い職種」による構成が望ましいとする内容です。さらに、「感染対策の知識を有する者」について「外部の者を含め積極的に参画を得ること」も望ましいとしています。
あくまで「望ましい」であり、強制ではありません。しかし、たとえば新型コロナ感染症のように地域での感染が大きく拡大した場合、日頃からの感染対

続きを読む

この投稿には、15件の回答があります
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
04/20
04/19
04/19
04/19
04/19
投稿日 回答/コメント タイトル
04/19
04/19
04/16
04/16 判っているが…
04/16
 

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ