ケアマネドットコム > 掲示板トップ > 新・入浴介助をめぐるケアマネ負担

カテゴリ [ ニュース・記事掲示板 ]

新・入浴介助をめぐるケアマネ負

  21/04/05 11:23 閲覧数[ 6044 ] 
今改定では、利用者の「家でできること」、あるいは「サービス提供外での活動など」を増やしていくという考え方が目立ちます。代表的なものの一つが、通所系サービスに誕生した入浴介助加算の新区分でしょう。留意事項等からケアマネへの影響を掘り下げます。

新区分IIを現場の動きに沿って整理する

「入浴介助加算の新区分(II)」の算定基準を、具体的な現場に動きに沿って整理しましょう。
(1)医師、事業所のリハビリ職や機能訓練指導員、あるいは、居宅のケアマネや福祉用具専門相談員が利用者宅を訪問する。

(2)(1)担当者が、利用者の家の浴室での動作や浴室の環境を評価(アセスメント)する。

(3)-1…(2)の結果、利用者自身あるいは家族やホームヘルパーの介助によって「家での入浴が可能」と((1)の担当者が)判断した場合

→(1)の担当者が、通所事業所と書面等で「家での入浴が可能」な旨を情報共有する。
(3)-2…(2)の結果、(3)-1での「家での入浴」が難しいと((1)の担当者が)判断した場合

→(1)の担当者が、居宅ケアマネや福祉用具専門相談員と連携し、利用者や

続きを読む

この投稿には、34件の回答があり、4人の方が共感しています
メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


この投稿に対する最新10件の回答/コメント
コメントの内容を閲覧するには会員登録(無料)/ログインを行ってください

投稿日 回答/コメント タイトル
04/27
04/27 Re:新・入浴介助をめぐるケアマネ負担
04/22
04/14
04/13
投稿日 回答/コメント タイトル
04/13 そもそも…
04/12
04/12
04/10
04/10
 

同じカテゴリの新着掲示板

掲示板に投稿する
高齢社会ラボ
カイゴジョブ