ケアマネとは

「ケアマネ」とは、介護支援専門員のことを示します。

ケアマネの資格を得るためには、毎年1度行われる介護支援専門員実務研修受講試験、通称「ケアマネ試験」に合格することが必要です。

介護保険法に規定されているケアマネとは、簡単にまとめると「要介護者や要支援者が、程度に見合ったサービスを受けることができるよう援助するのに必要な専門的知識と技術を持ち、かつ介護支援専門員証の交付を受けた者」とされます。その仕事内容は、居宅支援業務や介護予防支援業務、施設における介護支援員専門業務、あるいはグループホームなどの利用者に対する介護計画の作成業務などが挙げられます。

尚、ケアマネ試験の科目と出題数は、おおむね次の通りです。

試験科目 介護支援分野 保険医療
サービス基礎
保険医療
サービス総合
福祉
サービス
出題範囲 問題1~25 問題26~49 問題41~45 問題46~50

平成25年度は受験者数が144,397人に対して、合格者数は22,322人、合格率は15.46%でした。ここ数年は、およそ15%~20%の間で推移している状況にあります。

平成26年度からのケアマネ試験では、例えば医師や歯科医師であれば保健医療サービス基礎と保健医療サービス総合の解答が免除されるように、一定の資格所有者(法定資格者)は各分野の試験について解答が免除されるという規定があります。そのため、自分の保有する資格が免除規定に該当するか、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ケアマネ受験から合格までの流れ

ケアマネ試験情報トップへ

ライン

インスタグラム

カイポケM&A

タッチセラピーDVD

らいふーど

食べるを応援!クリミール

今、空いてる老人ホームの無料検索はこちら かいごDB

ダスキン

ケアマネジャーに知って欲しい高齢者の低栄養対策