ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 全サービス共通

全サービス共通

お気に入りに追加

要介護認定申請と同時にサービスを利用するために暫定ケアプランを作成しサービスの利用を行ったが、利用実績等をケアマネージャーが管理していた場合、月末までに認定結果が出なかった場合は給付管理票等の作成ができないので報酬の請求ができないと理解してよろしいか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

申請を4月中旬に行うと、結果通知が5月中旬頃になる。4月中旬の申請時から暫定ケアプランに基づいてサービスを利用した場合は、4月分と5月分の給付管理票をまとめて6月10日までに国保連合会へ提出し、現物給付にすることは可能か。あるいは4月分は償還払いとなるのか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

医療機関においては、従来より利用者負担は10円単位の請求であったため、同じ取扱をしても差し支えないか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

月の途中で要介護状態区分が変更となった場合、例えば4月15日に区分変更申請を行い、要介護2から要介護3に変更となった場合、4月に提供している全てのサービスの報酬請求は要介護3として請求するのか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

運営-その他の日常生活費

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

個人用の日用品について、「一般的に要介護者等の日常生活に最低限必要と考えられるもの」とは、どういったものが想定されるのか。

出典元:その他の日常生活費に係るQ&Aについて

答えを見る

運営-その他の日常生活費

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

個人用の日用品については、一般的に要介護者等の日常生活に最低限必要と考えられるものに限られることとされているが、それ以外の個人の嗜好に基づくいわゆる「贅沢品」については、費用の徴収ができないのか

出典元:その他の日常生活費に係るQ&Aについて

答えを見る

運営-その他の日常生活費

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

個人用の日用品については、一般的に要介護者等の日常生活に必要と考えられるものであれば、例えば病院の売店で利用者が購入する場合であってもその費用は「その他の日常生活費」に該当するのか。

出典元:その他の日常生活費に係るQ&Aについて

答えを見る

運営-その他の日常生活費

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

個人用の日用品については、一般的に要介護者等の日常生活に必要と考えられるものであれば、ある利用者の個別の希望に応じて事業者等が当該利用者の代わりにある日用品を購入し、その購入代金を利用者に請求する場合も「その他の日常生活費」に該当するのか。

出典元:その他の日常生活費に係るQ&Aについて

答えを見る

運営-その他の日常生活費

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

個人専用の家電製品の電気代は、利用者から徴収できないのか。

出典元:その他の日常生活費に係るQ&Aについて

答えを見る

運営-その他の日常生活費

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

施設にコインランドリーがある場合、その料金についても「私物の洗濯代」として「その他の日常生活費」に該当するのか。

出典元:その他の日常生活費に係るQ&Aについて

答えを見る

最初 << 1 2 3 4 5 6 7 >> 最後