ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 介護療養型医療施設

介護療養型医療施設

報酬-重度療養管理

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重度療養管理の算定対象となる状態のうち「常時頻回の喀痰吸引を実施している状態」の具体的内容について

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

報酬-重度療養管理

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重度療養管理の算定対象となる状態のうち「常時頻回の喀痰吸引を実施している状態」の患者に対する算定方法について

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

報酬-重度療養管理

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重度療養管理の算定対象となる状態のうち「呼吸障害等により人工呼吸器を使用している状態」の具体的内容について

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

報酬-重度療養管理

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重度療養管理の算定対象となる状態のうち「重篤な心機能障害、呼吸障害等により常時モニター測定を実施している状態については、「持続性心室性頻拍や心室細動等の重症不整脈発作を繰り返す状態」とされているが、ここにいう不整脈は具体的にはどのようなものであるか。

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

その他-重度療養管理

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重度療養管理の算定対象となる状態のうち「膀胱又は直腸の機能障害の程度が身体障害者福祉法施行規則別表五号に揚げる身体障害者障害程度等級表の4級以上に該当し、かつ、ストーマの処置を実施している状態」について身体障害者手帳の交付を要するか。

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

その他-重度療養管理

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重度療養管理の算定対象となる状態のうち「膀胱又は直腸の機能障害の程度が身体障害者福祉法施行規則別表五号に揚げる身体障害者障害程度等級表の4級以上に該当し、かつ、ストーマの処置を実施している状態」について、重度療養管理を算定する場合も、人工肛門を造設している入院患者のストーマ用装具について、患者から実費を徴収できるか

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

人員-重症皮膚潰瘍管理指導

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

重症な皮膚潰瘍を有している者に対して管理指導を行う医師が非常勤である場合は算定できるか。

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

報酬-医学情報提供

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

医学情報提供と退院時情報提供加算を複数の医療機関に同時に算定できるか。

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

運営-リハビリテーション

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

リハビリテーションの実施回数は理学療法士等1人につき1日18回を限度とするとされているが、医療保険と介護保険のリハビリテーションに従事する理学療法士等が1日に実施できる患者(利用者)数の限度について

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

運営-理学療法等の実施計画

掲載日付:2003/05/30

お気に入りに追加

理学療法、作業療法又は言語聴覚療法の実施計画の様式について

出典元:介護報酬に係るQ&A

答えを見る

最初 << 1 2 3 4 5 6 >> 最後