ケアマネドットコム > 厚労省Q&A

新着Q&A

退院・退所加算

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問20 退院・退所加算について、「また、上記にかかる会議(カンファレンス)に参加した場合は、(1)において別途定める様式ではなく、当該会議(カンファレンス)等の日時、開催場所、出席者、内容の要点等について居宅サービス計画等に記録し、利用者又は家族に提供した文書の写しを添付すること。」とあるが、ここでいう居宅サービス計画等とは、具体的にどのような書類を指すのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

退院・退所加算

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問19 「医師等からの要請により~」とあるが、医師等から要請がない場合(介護支援専門員が自発的に情報を取りに行った場合)は、退院・退所加算は算定できないのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

お気に入りに追加

問18 医師、歯科医師、薬剤師又は看護職員が居宅療養管理指導を行った場合、介護支援専門員に対する居宅サービス計画の策定等に必要な情報提供を行うことが必須となったが、介護支援専門員における当該情報はどのように取り扱うのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

お気に入りに追加

問17 今回、訪問介護や通所介護で時間区分の変更が行われたことにより、あらためて居宅サービス計画の点検(見直し)作業を行うこととなるが、当該作業の結果、時間区分を変更することとしたケースについては、必ずサービス担当者会議を開催しなければならないのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

お気に入りに追加

問16 短期集中リハビリテーション実施加算を算定している場合であって、短期集中リハビリテーション実施加算の起算日から3月を超える日が属する月における個別リハビリテーション実施加算の取扱いはどのようになるのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

お気に入りに追加

問15 起算日から1 月以内に短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算を同時に算定する場合、短期集中リハビリテーション実施加算の算定要件である1週につき概ね2回以上、1回当たり40 分以上の個別リハビリテーションを実施した上で、さらに個別リハビリテーション実施加算の算定要件である20 分以上の個別リハビリテーションを実施しなければ個別リハビリテーション実施加算は算定できないのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

お気に入りに追加

問14 介護予防通所リハビリテーションを利用していた利用者が、新たに要介護認定を受け、介護予防通所リハビリテーションを実施していた事業所と同一の事業所において通所リハビリテーションを利用開始し、リハビリテーションマネジメント加算を算定する場合に、利用者の居宅への訪問を行う必要があるのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

個別機能訓練

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問13 平成24 年度介護報酬改定において新設された個別機能訓練加算IIは例えばどのような場合に算定するのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

人員配置

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問12 通所介護事業所の生活相談員がサービス担当者会議に出席するための時間については確保すべき勤務延時間数に含めることができるか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

人員配置

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問12 通所介護事業所の生活相談員がサービス担当者会議に出席するための時間については確保すべき勤務延時間数に含めることができるか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

最初 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >> 最後