ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 地域密着型介護老人福祉施設

地域密着型介護老人福祉施設

報酬-日常生活継続支援加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

入所者に対する介護福祉士の配置割合を算出する際の入所者数や、要介護度や日常生活自立度の割合を算出する際の入所者には、併設のショートステイの利用者を含め計算すべきか。空床利用型のショートステイではどうか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

お気に入りに追加

介護福祉士の配置割合を算定する際に、ショートステイを兼務している介護福祉士はどのような取扱いとするか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-日常生活継続支援加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

本体施設である介護老人福祉施設において日常生活継続支援加算を算定している場合、併設するショートステイにおいてサービス提供体制強化加算の算定は可能か。空床利用型ショートステイではどうか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-日常生活継続支援加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

介護福祉士の配置割合の要件については、入所者は前年度の平均、介護福祉士の人数は直近3月間における平均を用いるとのことであるが、計算方法を具体例でお示しいただきたい。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

お気に入りに追加

介護老人福祉施設と併設のショートステイを一体的に運営している場合、加算の算定基準となる職員の割合は一体的に算出すべきか、別個に算出すべきか。両方を兼務している職員をどちらか一方に寄せてカウントすることは可能か。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-看護体制加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

本体施設である介護老人福祉施設と併設のショートステイについて、一体的に加算を算定できるのか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-看護体制加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

本体施設と併設のショートステイの両方で看護体制加算(I)を算定する場合、ショートステイの看護師は本体施設の業務に従事してはいけないのか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-看護体制加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

本体施設と併設のショートステイを通じて常勤看護師が1 人しかいないが、その1 人が特養とショートステイの両方を均等に兼務している場合、本体施設と併設のショートステイのどちらで看護体制加算(I)を算定するかは事業者の選択によるものと解してよいか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-看護体制加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

本体施設50 床+併設ショートステイ10 床の施設が看護体制加算を算定しようとする場合、本体施設である介護老人福祉施設については31 人~50人規模の単位数を算定できるのか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

報酬-看護体制加算

掲載日付:2009/03/23

お気に入りに追加

機能訓練指導員が看護師である場合、看護体制加算(II)の看護職員配置に含められるか。看護体制加算(I)についてはどうか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

最初 << 1 2 3 4 5 >> 最後