ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 認知症対応型通所介護事業

認知症対応型通所介護事業

お気に入りに追加

担当者とは何か。定めるにあたって担当者の資格要件はあるか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

お気に入りに追加

住所地特例の適用がある外部サービス利用型特定施設の入居者(住所地特例入居者)が認知症対応型通所介護を利用する場合は、住所地特例入居者の保険者たる市町村への指定申請は必要か。

出典元:介護老人福祉施設及び地域密着型サービスに関するQ&A

答えを見る

お気に入りに追加

(認知症対応型通所介護)基準省令第42条第1項第2号の「専ら当該認知症対応型通所介護の提供に当たる看護職員又は介護職員が1以上」に当たる職員は、一般の介護事業所を併設している場合、その職務に当たることもできるか。

出典元:介護老人福祉施設及び地域密着型サービスに関するQ&A

答えを見る

人員-管理者関係

掲載日付:2006/09/04

お気に入りに追加

みなし指定の適用を受けている認知症対応型通所介護事業所の管理者については、地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準附則第2条に基づき、必要な研修修了しなくてもよいとされているが、管理者が変更になる場合、新たな管理者は研修を修了する必要はあるのか。

出典元:介護老人福祉施設及び地域密着型サービスに関するQ&A

答えを見る

人員-管理者関係

掲載日付:2006/09/04

お気に入りに追加

みなし指定の適用を受けた認知症対応型通所介護事業所の管理者に変更がないまま指定の更新がなされる場合、当該管理者は「認知症対応型サービス事業管理者研修」を受講する必要はあるのか。

出典元:介護老人福祉施設及び地域密着型サービスに関するQ&A

答えを見る

人員-管理者研修・実践者研修

掲載日付:2006/05/02

お気に入りに追加

認知症対応型サービス事業管理者研修の受講要件として認知症介護実践者研修があるが、同時受講が可能であるか。(H17年度は実践者研修と管理者研修の同時開催であったが、実践者研修の修了が条件となると研修は別途開催と考えるがいかがか。)

出典元:指定認知症対応型共同生活介護等に関するQ&A

答えを見る

人員-管理者研修・実践者研修

掲載日付:2006/05/02

お気に入りに追加

現に管理者として従事していない認知症介護実務者研修修了者が、管理者として従事することになる場合は新たに認知症介護実務者研修修了者が、管理者として従事することになる場合は新たに認知症対応型サービス事業管理者研修を受講する必要があるのか。

出典元:指定認知症対応型共同生活介護等に関するQ&A

答えを見る

報酬-個別機能訓練加算

掲載日付:2006/04/21

お気に入りに追加

個別機能訓練加算に係る算定方法、内容等について示されたい。

出典元:平成18年4月改定関係Q&A(vol.3)

答えを見る

人員-看護職員の配置

掲載日付:2006/02/24

お気に入りに追加

単独型併設型指定認知症対応型通所介護においては、看護臓員の配置が新たに必要となるのか。

出典元:全国介護保険担当課長ブロック会議資料 Q&A

答えを見る

お気に入りに追加

指定認知症対応型共同生活介護を行っている事業者が共用型指定認知症対応型通所介護を行う場合、必要な介護従業者の員数はどのように考えればよいのか。

出典元:全国介護保険担当課長ブロック会議資料 Q&A

答えを見る

最初 << 1 2 3 >> 最後