ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 居宅サービス共通

居宅サービス共通

お気に入りに追加

要介護認定申請前の者に対し、緊急その他やむを得ない理由により指定居宅サービスを行った場合、その時点では特例居宅介護(支援)サービス費の支給対象となるか否かが不明であるため、当該指定居宅サービスが消費税非課税となるか否かも不明である。
この時点で利用代金の支払いを受ける場合、とりあえず代金と併せて消費税相当額の支払いを受けておき、認定の結果が判明して、支給対象となることが確定した後に消費税相当額を返還することとして差し…

出典元:運営基準等に係るQ&A

答えを見る

お気に入りに追加

要介護度の高い要介護者であって、その家族が在宅生活を維持することに強い意向もあり、毎月1週間ないし10日程度自宅で生活し、月の残りの期間は計画的に短期入所サービスを利用しようとする場合、このような利用ができる居宅サービス計画の作成は可能と考えるが、どうか。

出典元:運営基準等に係るQ&A

答えを見る

運営-「相当するサービス」

掲載日付:2000/06/12

お気に入りに追加

以下1~7について「相当するサービス」として認めても差し支えないか。

1 法人格はなく今年度3級へルパー養成研修を修了した者が5~6人程度でチームを組み、民家を事務所として借り上げ生活援助を中心として訪問介護事業を展開する。

2 社会福祉協議会が中心となり3級へルパー養成研修を修了した者のみで、サテライト方式での訪問介護事業(生活援助、身体介護(簡単な援助としてオムツ交換入浴介助)) を展開する。

3 社会福祉…

出典元:沖縄県からの「相当サービス」に関する照会に対する回答

答えを見る

お気に入りに追加

医療保険適用病床入院からの外泊中に、介護保険の給付対象である訪問通所サービスの利用は可能か。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

要介護状態区分が月の途中で変更になった場合、給付管理票や介護給付費
明細書上に記載する要介護状態区分や、区分支給限度額管理を行う訪問通所
サービスや短期入所サービスの要介護状態区分等をどぅ取り扱えばよいか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

介護老人保健施設及び介護療養型医療施設を退所(退院)した日及び短期入所療養介護のサービス終了日(退所日)において、訪問看護費、訪問リハビリテーション費、居宅療養管理指導費及び通所リハビリテーション費は算定できないとされているが、退所日において福祉系サービス(訪問介護等)を利用した場合は別に算定できるか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

介護老人保健施設及び介護療養型医療施設を退所(退院)した日及び短期入所療養介護のサービス終了日(退所日)において、訪問看護費、訪問リハビリテーション費、居宅療養管理指導費及び通所リハビリテーション費は算定できないとされているが、これは退所日のみの取扱で、入所当日の当該入所前に利用する訪問通所サービスは別に算定できるのか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.2

答えを見る

お気に入りに追加

 施設入所(入院)者の外泊時に介護保険の給付対象となる居宅サービスを受けられるか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A

答えを見る

お気に入りに追加

要介護者又は要支援者(以下「要介護者等」という。)以外の者が介護保険サービスを全額自己負担することによって利用することが可能か。(居宅サービスの場合)

出典元:要介護者等以外の自費負担によるサービスの利用について

答えを見る

お気に入りに追加

要介護者等が居宅サービスを利用するにあたって、当該者の支給限度額(短期入所の場合は利用可能日数)を超えて利用する場合(いわゆる「上乗せサービス」を利用する場合)については、全額自己負担によって利用することが可能か。

出典元:要介護者等以外の自費負担によるサービスの利用について

答えを見る

最初 << 1 2 3 >> 最後