ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 訪問介護事業

訪問介護事業

お気に入りに追加

通院・外出介助等移送に伴う介助に特化したサービスを行う事業所について、基準該当サービスとして特例居宅サービス費の給付対象とする場合の考え方如何。

出典元:運営基準等に係るQ&A

答えを見る

お気に入りに追加

タクシー会社が行う訪問介護の通院・外出介助に対し、特例居宅介護サービス費を支給する場合の「市町村が必要と認める場合」の支給要件として、例えば「車への乗降又は移動に際し、リフト付の特殊な車輌でなければ通院・外出ができない者が当該特殊な車輌の使用を伴う通院外出介助を受けたとき」のように支給要件に限定を付けることは可能か。

出典元:運営基準等に係るQ&A

答えを見る

お気に入りに追加

サービスを提供する前に利用申込者に対し、健康診断を受けるように求めることはできるか。また、健康診断書作成にかかる費用の負担はどのように取り扱うべきか。(訪問介護、訪問入浴介護、通所介護)

出典元:運営基準等に係るQ&A

答えを見る

お気に入りに追加

A市(特甲地)に本拠地のある訪問介護事業所が、B市(乙地)に出張所(サテライト事業所)を持っている場合、この出張所に常勤している訪問介護員が行う訪問介護は、地域区分として、乙地で請求することになるのか。

出典元:介護報酬等に係るQ&A vol.3

答えを見る

その他-月をまたがる給付管理

掲載日付:2000/03/31

お気に入りに追加

月をまたがる場合の支給限度管理について  訪問介護深夜帯11:30~0:30(1時間未満)で、かつ月をまたがる場合の支給限度管理はどちらの月で行うのか。また、サービス利用票の記入の仕方は。

出典元:介護報酬等に係るQ&A

答えを見る

最初 << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 最後