ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 認知症対応型共同生活介護事業

認知症対応型共同生活介護事業

短期利用共同生活介護費

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問31 利用者に対し連続して30 日を超えて短期利用共同生活介護を行っている場合において、30 日を超える日以降に行った短期利用共同生活介護については、短期利用共同生活介護費は算定できないが、その連続する期間内に介護予防短期利用共同生活介護の利用実績がある場合はどのように取り扱うのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

夜勤職員の配置

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問30 3つの共同生活住居がある認知症対応型共同生活介護事業所の場合、夜勤職員を3名配置する必要があるのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

夜勤職員の配置

掲載日付:2012/04/16

お気に入りに追加

問29 今回の基準改正により、認知症対応型共同生活介護事業所の夜間及び深夜の勤務を行う介護従業者について、共同生活住居ごとに必ず1名を配置することとされたが、経過措置は設けられないのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.2)について

答えを見る

報酬-認知症専門ケア加算

掲載日付:2009/05/13

お気に入りに追加

認知症介護実践リーダー研修を修了していないが、都道府県等が当該研修修了者と同等の能力を有すると認めた者であって、認知症介護指導者養成研修を修了した者について、認知症専門ケア加算における認知症介護実践リーダー研修修了者としてみなすことはできないか。

出典元:認知症専門ケア加算に係る研修要件の取り扱いについて

答えを見る

お気に入りに追加

「認知症高齢者の日常生活自立度」を基準とした加算について、医師が判定した場合、その情報は必ず文書で提供する必要があるのか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol..2)

答えを見る

報酬-認知症専門ケア加算

掲載日付:2009/04/17

お気に入りに追加

加算対象となる者が少ない場合でも、認知症専門ケア加算IIを算定するためには認知症介護実践リーダー研修修了者1 名と認知症介護指導者研修修了者1 名の合計2 名の配置が必要か。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol..2)

答えを見る

報酬-認知症専門ケア加算

掲載日付:2009/04/17

お気に入りに追加

グループホームのショートステイ利用者についても認知症専門ケア加算の算定要件に含めることが可能か。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol..2)

答えを見る

お気に入りに追加

一度本加算制度の対象者となった場合、65歳以上になっても対象のままか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

お気に入りに追加

担当者とは何か。定めるにあたって担当者の資格要件はあるか。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

お気に入りに追加

入所が予定されており、入所予定期間と実際の緊急入所の期間が重なっている場合であっても、本来の入所予定日前に緊急に入所した場合には、7日分算定が可能か。

出典元:平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

答えを見る

最初 << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> 最後