ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 特定施設入居者生活介護事業

特定施設入居者生活介護事業

お気に入りに追加

問108 利用者に対し連続して30日を超えて短期利用特定施設入居者生活介護を行った場合において、30日を超える日以降に行った短期利用特定施設入居者生活介護については、短期利用特定施設入居者生活介護費は算定できないが、その連続する期間内に短期利用地域密着型特定施設入居者生活介護の利用実績がある場合はどのように取り扱うのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24 年3 月16 日)について

答えを見る

お気に入りに追加

問107 入居者の割合については、直近3月それぞれの末日における割合の平均を用いるとされているが、月末時点で入院中又は外泊中の入所者については、どのように計算するのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24 年3 月16 日)について

答えを見る

お気に入りに追加

問106 入居者の割合が、前3月の各末日のうち、80%を満たさない月があったが、前3月の各末日の平均値により80%以上であることにより基準を満たしている場合には、短期利用特定施設入居者生活介護費を算定することは可能か。また、この平均値はどのように算出するのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24 年3 月16 日)について

答えを見る

お気に入りに追加

問105 算定の対象となるか否かについて、前3月の入居者の割合により毎月判定するのか。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24 年3 月16 日)について

答えを見る

お気に入りに追加

問104 特定施設入居者生活介護の短期利用については、空いている居室等を利用しなければならないが、入院中の入居者の同意があれば、入院中の入居者の居室を短期利用に活用することは可能か。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24 年3 月16 日)について

答えを見る

お気に入りに追加

問103 短期利用の3年経過要件について、特定施設の法人が合併等により変更したことから、形式上指定特定施設を一旦廃止して、新しい会社の法人の特定施設として同日付けで指定を受けた場合、特定施設が初めて指定を受けて3年は経過しているが、新しい会社の特定施設としては3年経過要件を満たしていない。この場合、短期利用を行うことは可能か。

出典元:平成24年度介護報酬改定に関する関係Q&A(平成24 年3 月16 日)について

答えを見る

お気に入りに追加

介護予防特定施設入居者生活介護等を受けている者は、当該サービスの利用の間、月当たりの定額報酬の介護予防訪問介護費等は算定できないとあるが、例えば、月途中に介護予防特定施設を退所し、その後、介護予防訪問介護等を利用することはできないのか。

出典元:介護療養型老人保健施設に係る介護報酬改定等に関するQ&A

答えを見る

その他-法定代理受領

掲載日付:2006/04/28

お気に入りに追加

有料老人ホーム及び適合高齢者専用賃貸住宅における特定施設入居者生活介護等の法定代理受領サービスの利用について

出典元:有料老人ホーム及び適合高齢者専用賃貸住宅における特定施設入居者生活介護等の法定代理受領サービスの利用について

答えを見る

報酬-個別機能訓練加算

掲載日付:2006/04/21

お気に入りに追加

個別機能訓練加算に係る算定方法、内容等について示されたい。

出典元:平成18年4月改定関係Q&A(vol.3)

答えを見る

その他-住所地特例

掲載日付:2006/04/21

お気に入りに追加

住所地特例の対象施設である特定施設は、特定施設入居者生活介護等の指定を受けた特定施設のみに限られるのか。

出典元:住所地特例対象施設に関するQ&A

答えを見る

最初 << 1 2 3 4 >> 最後