ケアマネドットコム > 厚労省Q&A > 厚労省Q&A詳細

居宅サービス共通

お気に入りに追加

運営-「相当するサービス」

掲載日付:2000/06/12

以下1~7について「相当するサービス」として認めても差し支えないか。

1 法人格はなく今年度3級へルパー養成研修を修了した者が5~6人程度でチームを組み、民家を事務所として借り上げ生活援助を中心として訪問介護事業を展開する。

2 社会福祉協議会が中心となり3級へルパー養成研修を修了した者のみで、サテライト方式での訪問介護事業(生活援助、身体介護(簡単な援助としてオムツ交換入浴介助)) を展開する。

3 社会福祉協議会が中心となり、2級及び3級へルパー養成研修を修了したもののみで訪問介護事業(生活援助及び身体介護) を展開する。

4 法人格はないが、ホームヘルパー有資格者6人(1級1人、2級2人、3級3人) で民家を借り上げて改修し、事務所及び宿泊設備を整備し、3人を常勤として訪問介護と短期入所生活介護を展開する。

5 既存の高齢者生活福祉センター(村立)の居住部門を一部短期入所生活介護として活用したい。

6 要介護者の家族が島外に出かける場合に、要介護者の自宅にへルパーが寝泊まりをして介護を行う方式で短期入所生活介護を展開する。

7 社会福祉協議会が小規模な宅老所的な施設を整備し、地域のへルパー有資格者や地域ボランティア等を活用し通所介護や短期入所生活介護を展開する。


メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた       ・ログインできない


お気に入りに追加

「誤字・脱字」や「間違い」等にお気づきの際はこちらにご連絡ください