ケアマネと介護福祉士の賃金が逆転する、なんてセコい話はしないで欲しい

介護職員の賃上げに向けて今年10月から創設される新たな処遇改善加算の内容が決まりました。居宅介護支援が対象から外れたこと、ベテラン介護福祉士とケアマネジャーの給料が逆転することについて少し議論になっていたので、私も自分の意見を言っておこうと思います。

まず、私にもケアマネとして6年ほど働いた経験があります。最近はなんだか忘れられているような気もしますが…。それは置いておくとして、その経験を重要なベースとして日々の研究に取り組んできましたので、ケアマネとして生きてきた自負があります。ですからこれは1人の当事者の意見と捉えて頂きたい。

今の状況は本当に危機的

新加算の対象から居宅が外れたこと、これはやはりやむを得ないでしょう。今回の賃上げは人手不足の解消が目的で、足りないのは他ならぬ介護職員なんですから。はっきり言ってケアマネは関係ありません。この業界は介護職員がたくさんいないと成り立たないんです。ケアマネだって介護職員がいないと仕事にならないでしょう。

私は大学で人材を育て、これまで多くの卒業生を介護の現場へ送り出してきました。仕事を通じてつくづく感じるのは、今の人手不足が本当に危機的な状況にあるということです。このままでは確実に崩壊するでしょう。ですから介護職員にプライオリティを置く方針を支持します。ただでさえ少ないリソースをケアマネに使うべきではありません。

より大局的な視点で

ベテラン介護福祉士とケアマネの給料が逆転する、という話は一部のメディアが騒いでいるだけですよね。もし給料の逆転に納得がいかない、あるいは苛立っているケアマネがいるとしたら、私は「そんなセコい話はやめてくれ」と言いたい。この国には専門職としてのプライドと良識を兼ね備えたケアマネが数多くいますが、そういう方々ならそんなセコい考えには到底至らないでしょう。

“10年戦士”のリーダー級の介護福祉士がケアマネより高い給料をもらう―。どこかおかしいところがありますか? ないですよね。言うまでもなく介護の資格に妙な上下関係はありません。

繰り返しになりますが、圧倒的に不足しているのは介護職員です。とりわけ訪問介護のサ責などは非常に深刻でしょう。したがって、他の産業の水準も意識した賃上げを実施することにしたんです。できるだけ多くの方に入ってきて頂けるように。辞めて去っていく方をなんとか減らせるように。私も決してこれで十分だ、完璧だとは思いませんが、介護業界にとって非常に重要なことなのは間違いないでしょう。この前向きな動きを皆で一丸となって良い方向へ持っていかなければいけません。

それなのに給料が逆転するとかしないとか、そういう実にくだらないことにとらわれる人にソーシャルワーカーが務まるのでしょうか? 到底そうは思えません。少しでも多くお金をもらうことにこだわりたい人は、どうぞ介護職員に戻って頂きたい。ケアマネならもっと大局的な視点を持つべきです。もちろんメディアにも大局的な視点を持ってもらいたい。

言いたいことはまだまだあります。例えば、「ケアマネの担い手がいなくなる」「賃金バランスが崩れて現場に亀裂が入る」といった指摘が出ていますよね。加えて政策的な提案もしたいのですが、長くなりそうなのでまた次回と致します。

コメント[164

コメントを見るには...

このページの先頭へ