車いすのフットレスト接触による外傷で注意喚起 医療安全情報

医療安全情報No.147(2/15)《日本医療機能評価機構》

日本医療機能評価機構は2月15日に公表した「医療安全情報No.147」に、車いすへの移乗時に患者の下肢がフットレストに接触して外傷を負った事例を掲載した。特に皮膚が脆弱な患者の場合、皮膚に損傷を受ける可能性が高まるとして注意を喚起した(参照)。

2014年1月1日から18年12月31日までに18件の報告があった。うち1件では、全身浮腫などで皮膚が脆弱な状態の患者を車いすからベッドへ移乗するため、看護師が支えた際に、患者のズボンの裾が持ち上がって下肢にフットレストが直接当たった結果、皮膚が裂けて筋膜が露出する外傷を負った(参照)。

事例が発生した医療機関では、▽患者の状態を把握し、介助方法や介助人数を検討する▽フットレストにカバーをつける▽皮膚が脆弱な患者の移乗時は、ズボン・靴下などを着用して下肢を保護する-取り組みを行っている(参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201902/20190221-1.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[32

コメントを見るには...

このページの先頭へ