「ケアプラン有料化は邪道。間違っている」 ケアマネ学会・服部理事


《 講演する服部理事 8日 》

日本ケアマネジメント学会の服部万里子理事が8日、東京ビッグサイトで開催された「CareTEX2019」で講演。居宅介護支援のケアプラン作成で新たに利用者負担を徴収する案について、「邪道だ」と批判した。

服部理事は講演で、「ケアマネジメントは排泄や入浴などの直接的な介助とは性格が違う。ご本人やご家族の状況、生活歴、地域との関係性など、多くの要素を踏まえて生活を継続できるようにする、その方の持てる力を活かしていくもの。あくまでもソーシャルワークだ」と説明。そのうえで次のように力説した。

「登校拒否になった生徒がスクールソーシャルワーカーに相談してお金を払うのか? 貧困状態にある方が子供の学費のことを相談してお金を払うのか? 地域包括支援センターでお金を取ったら誰が相談に行くのか? ソーシャルワークでお金を取ること自体が間違っている。体制を整えて相談の門戸をもっと広げることが必要だ。介護保険の給付費を適正化していくことを考えるにしても、ケアマネジメントに利用者負担を導入するのは邪道だ」

居宅のケアプラン作成に利用者負担を導入する案は、財務省や経済界などが繰り返し実現を求めてきた経緯がある。今年度の「骨太方針」にも「検討する」と書かれており、2021年度の制度改正をめぐる議論の大きな争点となる見通しだ。

「介護の団体はまとまるべき」

このほか、服部理事は目下の深刻な人手不足について、「国はもっと介護職の評価を上げないといけない。人に向き合う人の価値を認めるべきだ。根本的には国が介護報酬を低く抑えることに対して戦わなければいけない。介護報酬に関してもっとものを言っていくべき」と持論を展開。「なぜ医療が戦えているのか? 医師会や看護協会が強いからだ。介護の団体は残念ながらいくつかに分かれている。1つにまとまるべきだ」と述べた。

コメント[84

コメントを見るには...

このページの先頭へ