SOMPO、「新しい介護を創造する」ラボを開設 目指すは人とテクノロジーの共生


《 Future Care Lab in Japan:オープニングイベントの模様 》

SOMPOホールディングスが5日に新たな研究所を開設した。プロジェクト名は「Future Care Lab in Japan」。「人間とテクノロジーの共生による新しい介護のあり方を創造する」と意欲的だ。

「Future Care Lab in Japan」始動

国内外の先端技術の実証などを進め、実際に活用できる有効なソリューションの開発につなげる。現場の生産性を飛躍的に高め、介護職員の負担軽減やサービスの質の向上を実現したいとした。AIやロボット、IoTなどで代替できる業務を整理しつつ、「人が本来やるべき介護を改めて定義する」との考えも示している。

従来の人間だけに頼る介護の仕組みは限界に達している―。研究所の公式サイトではそんな問題提起も行っている。介護のニーズが膨らみ続ける一方で、サービスを担う人材の不足はさらに深刻化すると指摘。「だから今こそ、テクノロジーを介護の現場に届けたい。人間の温かみとテクノロジーの革新性が介護を変えていく」と綴っている。

メーカーなどとの共同研究・共同開発にも取り組んでいく。ラボは介護施設の居室、設備をリアルに再現した作りとした。「技術シーズにとっては、現場に適合した製品・サービスの研究を行う最適なテストサイト」と説明している。ラボで生み出す成果はSOMPOケアの施設で活かしていく。「新しい介護をコンセプトとした新棟」も計画しているという。

コメント[26

コメントを見るには...

このページの先頭へ