インフルエンザの流行拡大で予防の徹底を呼びかけ 根本厚労相

根本大臣閣議後記者会見概要(2/1)《厚生労働省》

根本匠厚生労働大臣は2月1日の閣議後会見で、1月21日から27日のインフルエンザの定点医療機関当たりの患者報告件数が、感染症法(1999年4月施行)に基づく現在の調査事業開始以来、最多の57.09件となったことを憂慮。今後の動向を厚労省として引き続き注視していく考えを示すとともに、「国民の皆様には外出後の手洗いや咳エチケット等の予防策に努めていただくこと、具合が悪い場合には早めに医療機関を受診していただくことをお願いしたい」と呼びかけた(参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201902/20190206-2.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[12

コメントを見るには...

このページの先頭へ