NCCU「ケアマネが憧れの職種ではなくなってしまう」 介護職員との賃金逆転を懸念


《 NCCUの会見 31日 》

介護の現場で働く人でつくる労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は1月31日に会見を開き、昨年の賃金実態調査の結果を公表した。

介護職員の賃金が相対的に高く上がり、少しずつケアマネジャーの水準に近づいてきていると報告。介護報酬の「処遇改善加算」の拡充が背景にあり、今年10月の賃上げでこうした傾向がより顕著になるとの見方を示した。

村上久美子政策部門長は会見で、「このままいくと賃金の上がり方の格差がさらに大きくなる。介護職員がケアマネに追いつく日がそのうち来そうだ」と分析。「これまでケアマネは憧れの職種とみられてきたが、憧れでもなんでもなくなってしまうと懸念している。介護職員の賃金が上がるのはありがたいが、これは悩ましい問題だ」と述べた。

上がり幅に大きな差

既存の処遇改善加算は介護職員のみが対象。ケアマネは基本的に恩恵を受けられない。今年10月の改定で創設される新たな加算も、居宅介護支援事業所は算定できないルールとされた。リーダー級の介護福祉士の中には賃金が月8万円上がり、現状維持のケアマネを上回る人もいるとみられる。

NCCUが31日に公表した調査の結果は以下の通りだ。ケアマネと介護職員の賃金の差を昨年8月でみると、訪問系が5万26円、サ責が3万4575円、入所系が4万3606円、通所系が6万1336円となっている。昨年3月と比べた増加額をそれぞれみると、介護職員の方が大きくなっている。

調査概要
NCCUの組合員8325人を対象として昨年の9月から10月に行われた。月給制は2481人から有効な回答を得たという。ここでいう「賃金」は、通勤手当、時間外手当、休日・早朝・夜間手当、研修手当を除いた所定内賃金。職務手当、役職手当は含まれている。

NCCUによると、国による処遇改善が始まった2009年(当時は交付金)から2018年までの賃金の増加額は、例えば訪問系介護員で4万5214円、通所系介護員で4万9888円。一方、ケアマネは1万2646円の伸びにとどまっている。

「納得がいかない」

NCCUはこれまで、今年10月に新設される加算の対象から居宅のケアマネが外されたことに異論を唱えてきた。村上政策部門長はこの日も、「非常に不本意。納得がいかない」と持論を展開。「介護福祉士の資格を持っているケアマネは非常に多い。国は経験・技能のある介護職員を重視すると言うが、それならやはりケアマネを含めるべきではないか」と訴えた。

コメント[73

コメントを見るには...

このページの先頭へ