ACPの愛称、「人生会議」に決定 厚労省

ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称を「人生会議」に決定しました(11/30)《厚生労働省》

厚生労働省は11月30日、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」の愛称を「人生会議」に決定したと発表した。ACPは、人生の最終段階における医療・ケアについて本人が家族や医療・ケアチームと繰り返し話し合う取り組み。ACPの認知度向上を図って広く一般から愛称を募集し、応募総数1,073件の中からACP愛称選定委員会が決定した。家族など信頼できる人たちと輪を囲んで話し合うイメージが沸くことや、日常会話への浸透が期待できることが選定理由となった(p1参照)。

また、厚労省は人生の最終段階における医療・ケアについて考える日として、11月30日を「人生会議の日」に決めた(p1参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201812/20181205-1.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[33

コメントを見るには...

このページの先頭へ