医療・福祉業の2018年初任給、大卒以上で前年を下回る 賃金調査

平成30年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況(11/28)《厚生労働省》

厚生労働省が11月28日に公表した「平成30年(2018年)賃金構造基本統計調査(初任給)」によると、医療・福祉業における2018年の大卒以上・新卒者の初任給は前年に比べて減少したことがわかった。高専・短大卒を除く、すべての学歴で産業全体の初任給水準を下回った。

調査は全国の労働者の賃金の実態を明らかにするために毎年実施している。今回は1万5,155事業所を対象に、新卒者の2018年初任給(6月分)を集計した(p1参照)。

医療・福祉業の学歴別初任給は、大学院修士課程修了201.3千円(前年比1.5%減)、大学卒201.5千円(1.7%減)、高専・短大卒183.7千円(0.4%増)、高校卒159.2千円(0.1%増)となり、大卒以上で前年を下回った(p8参照)。

産業全体を100としたときの医療・福祉業の初任給(産業間格差)は、大学院修士課程修了84.3、大学卒97.5、高専・短大卒101.3、高校卒96.4。ほとんどの学歴で産業全体よりも低かった(p11参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201812/20181204-2.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[31

コメントを見るには...

このページの先頭へ