デイサービスの准看護師、利用者宅への不法侵入で逮捕【福岡県】

9月8日、福岡県警折尾署はデイサービスに勤務する准看護師の女性を、利用者宅への不法侵入の疑いで逮捕したと発表した。逮捕されたのは田中由紀子容疑者(42歳、福岡県北九州市八幡西区三ケ森3丁目)で、住居侵入容疑による現行犯逮捕。「金品を盗む目的で侵入していた」と逮捕容疑を認める供述をしている。

事件の詳細

県警発表によると、被害者とその家族から「デイサービスを利用する日時をねらって何者かが自宅に侵入しているようだ」との相談を受けていた。

9月8日、被害者がデイサービスを利用する当日、福岡県警折尾署の捜査員が朝から被害者宅に張り込んでいた。すると昼頃、休憩時間を利用して田中容疑者が自家用車で被害者宅へやってきた。車から降りて被害者宅へ不法侵入したところを捜査員らが現行犯逮捕した。

田中容疑者はこの日の午前中にデイサービスに出勤し、被害者がデイサービスを利用中であることを確認していた。

福岡県警折尾署への電話取材

福岡県警折尾署へ電話取材を行ったところ、捜査員から以下のような回答が得られた。

「報道に関する内容については事実であり間違いございません。ただし、事件に関する詳細については、現在捜査中の事案であり何もお話しできません。容疑者が勤務するデイサービス施設に関するご質問にも何一つお答えできません。」

福岡県では同じような事案が多発

福岡県では、デイサービス利用者の自宅が狙われる空き巣被害がたびたび発生している。

今年の3月22日にはデイサービス利用中の高齢者宅に空き巣に入ったとして、元介護士の女が逮捕された。この事件による被害額は1,060万円にのぼる。

元介護士の逮捕容疑は窃盗。昨年5月1日から6月21日までの間、デイサービスを利用中の高齢女性(当時81歳)宅に侵入して、現金や金庫1,063万円相当(うち現金約1,053万円)を盗んだ疑い。

福岡県内では昨年より福岡県筑後地区を中心に、デイサービス利用中の高齢者宅への空き巣被害が多発している。現在、福岡県警の関係者が合同で捜査を行っており、同様の容疑を県内で約30件確認している。

コメント[33

コメントを見るには...

このページの先頭へ