今年度の介護福祉士の国試、筆記は来年1月27日 合格発表は3月27日

厚生労働省は6日、今年度の第31回介護福祉士国家試験の日程を公表した。

筆記試験は来年の1月27日(日)、実技試験は3月3日(日)に行う。合格者の発表は3月27日(水)。

第31回介護福祉士国家試験の施行について

受験書類の受け付けは今年の8月8日(水)から。締め切りは9月7日(金)で、当日消印のあるものに限って有効とされる。受験手数料は1万5300円。試験に関する照会には社会福祉振興・試験センターが応える。試験案内の専用電話番号は03(3486)7559。

介護福祉士の国試は2016年度からルールの一部が変更されている。現場で研鑽を積んでチャレンジする「実務経験ルート」の人が、最長で450時間の「実務者研修」を修了していないと受けられなくなった。この影響もあり、2015年度まで15万人を超えていた受験者が7万6323人(2016年度)に半減。昨年度はやや回復したが、9万2654人にとどまった。今年度は一体どうなるのか −− 。受験者数の動向にも関心が向けられている。

コメント[18

コメントを見るには...

このページの先頭へ