制度持続のために不断の改革は必要 会見で加藤厚労相

加藤大臣会見 概要(5/8)《厚生労働省》

加藤勝信厚生労働大臣は5月8日、「骨太の方針2018」に盛り込まれる方向の社会保障関係費の抑制目標について、具体的な数値の議論はこれからだとしながらも、「社会保障制度を持続可能なものにしていくためにも、必要な給付やサービスを確保しながら不断の改革をしていくことは当然必要」との認識を表明。予防、重症化・重度化防止や医療・介護提供体制の改革などの動向も見極めながら、中長期的な視点に立っての検討が必要との考えを示した(p3参照)。

一方で、毎年2,200億円の削減目標を掲げた、かつてのキャップ制は、「いろいろな意味でも副作用が起きた」とも述べ、機械的に抑制することには否定的見解を示した。閣議後の会見で、記者からの質問に答えた(p3参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201805/20180510-3.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[22

コメントを見るには...

このページの先頭へ