ケアプラン届出該当の基準回数を告示 訪問介護で厚労省

厚生労働省告示第二百十八号 厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護(5/2)《厚生労働省》

厚生労働省は5月2日、市町村にケアプランの届出が必要になる、訪問介護(生活援助中心型)の基準を官報告示した。

届出対象になるのは、要介護度別の1月の訪問回数が、▽要介護1(27回)▽要介護2(34回)▽要介護3(43回)▽要介護4(38回)▽要介護5(31回)-を超える場合。2018年10月1日から適用される(p1~p2参照)。

2018年度の介護報酬改定では、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用の観点から、ケアマネジャーが統計的に見て通常よりも多い回数の訪問介護(生活援助中心型)をケアプランに位置づける場合には、市町村へのケアプラン届出を課す見直しを実施。届出の目安は、「全国平均利用回数+2標準偏差」を基準に国が定めるとしていた。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201805/20180510-2.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[25

コメントを見るには...

このページの先頭へ