オンライン診療などをテーマに自由討議 未来投資会議

未来投資会議 構造改革徹底推進会合「健康・医療・介護」会合(第4回 3/9)《内閣府》

政府の未来投資会議・構造改革徹底推進会合の「健康・医療・介護」会合は3月9日開かれ、オンライン診療や医療・保健・介護データの利活用などについて有識者や関係省庁から説明を受け、フリーディスカッションを行った。

この中で厚生労働省は2018年度診療報酬改定で新設されることになった、【オンライン診療料】、【オンライン医学管理料】、【オンライン在宅管理料】などについて報告。オンライン診療の推進にあたって、医療上の安全性や有効性を担保する必要があることから、「情報通信機器を用いた診療に関する検討会」を設置し、今年度末を目途にルール整備を図る方針を示した(p2~p10参照)。

データの利活用では、全国保健医療情報ネットワークの構築など、医療分野の情報連携基盤に関する検討を深めるため、現在の医療情報ネットワーク基盤検討会を発展的に改組し、医務技監の下に「医療等分野情報連携基盤検討会(仮称)」を設置することを報告。3月29日に初会合を開き、今夏をめどにネットワーク構築に向けた工程表を策定予定であることを明らかにした(p64参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201803/20180314-2.pdf
http://www.care-mane.com/pdf/news/201803/20180314-3.pdf
http://www.care-mane.com/pdf/news/201803/20180314-4.pdf
http://www.care-mane.com/pdf/news/201803/20180314-5.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[1

コメントを見るには...

このページの先頭へ