2017年12月の生活保護の被保護者は約212万人 厚労省

生活保護の被保護者調査(平成29年12月分概数)の結果を公表します(3/7)《厚生労働省》

厚生労働省が3月7日に公表した「生活保護の被保護者調査」(2017年12月分概数)によると、被保護者の総数は212万3,290人(前年同月比2万2,377人減、1.0%減)だったことがわかった。保護率(人口100人当たり)は1.68%となった(p1参照)。

被保護世帯(保護停止中を含む)は164万2,614世帯で、2,409世帯増加(0.1%増)。世帯類型別(保護停止中を含まない)では、高齢者世帯は86万5,053世帯(2万6,667世帯増、3.2%増)、高齢者世帯を除く世帯は76万9,118世帯(2万4,239世帯減、3.1%減)。そのうち、母子世帯9万2,669世帯(6,650世帯減、6.7%減)、傷病者・障害者世帯42万585世帯(1万760世帯減、2.5%減)、その他の世帯25万5,864世帯(6,829世帯減、2.6%減)だった(p1参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201803/20180312-5.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[11

コメントを見るには...

このページの先頭へ