訪問介護、新研修のカリキュラム案でパブコメ募集 厚労省

介護保険法施行規則第二十二条の二十三第二項に規定する厚生労働大臣が定める基準の一部を改正する件(仮称)に関する意見募集について(2/19)《厚生労働省》

厚生労働省はこのほど、2018年度から新設される訪問介護の「生活援助従事者研修課程」(仮称)の科目と時間数などについて、パブリックコメントの募集を開始した。

具体的には、▽職務の理解▽介護における尊厳の保持・自立支援▽介護の基本▽介護・福祉サービスの理解と医療との連携▽介護におけるコミュニケーション技術▽老化と認知症の理解▽障害の理解▽こころとからだのしくみと生活支援技術▽振り返り-の9科目を59時間で履修。このほか筆記試験による修了評価と、移動・移乗に関連した2時間の実習を想定している。

パブリックコメントの募集期間は3月20日(火)まで。関係省令の告示は3月下旬で、4月1日から適用される(p1~p3参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201802/20180228-1.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[14

コメントを見るには...

このページの先頭へ