[がん対策]がん患者に対する医療や療養生活の状況把握で全国調査

患者さんが亡くなる前に利用した医療や療養生活の実態を調査 ご遺族約4800名を対象に全国調査実施(1/26)《国立がん研究センター》

今回のポイント
●国立がん研究センター・がん対策情報センターは1月26日、がんや心疾患、脳血管疾患などで亡くなった患者が生前に利用した医療や療養生活の実態把握のための全国調査を実施する、と発表
○2016年に、がん、心疾患、脳血管疾患、腎不全で亡くなった患者の中から無作為に選出された約4,800人の遺族に対して、▽患者が生前に受けた医療の質や療養生活の状況▽患者の医療に関する希望▽遺族が介護を通じて感じたこと-などを聞く
○調査結果は2018年4月以降、同センターのホームページへの掲載するほか、論文としても公開する予定

国立がん研究センター・がん対策情報センターは1月26日、がんや心疾患、脳血管疾患などで亡くなった患者が生前に利用した医療や療養生活の実態把握のための全国調査を実施する、と発表した。患者が大切な最期の期間を自分らしく過ごすことができるような医療と療養環境の改善につなげることが狙い。調査結果は2018年4月以降、同センターのホームページへ掲載するほか、論文としても公開する予定だ(p2参照)。

厚生労働省の委託事業として実施するもので、対象者は、2016年にがん、肺炎、心疾患、脳血管疾患、腎不全で亡くなった患者の中から無作為に選出された約4,800人の遺族(がん3,200人、心疾患・肺炎・脳血管疾患・腎不全各400人)。遺族を対象にするのは、患者が生前に提供を受けた医療の結果として、患者本人が望む最期が実現したかを把握するため。これまでも患者遺族を対象にした類似の調査が実施されたことはあるが、本来は最も多い死亡場所であるはずの一般病院で死亡した患者の客体数が少ないなど、結果の代表性の点で課題があった(p1~p2参照)(p4~p8参照)。

調査項目は、▽患者が生前に受けた医療の質や療養生活の状況▽患者の医療に関する希望▽遺族が介護を通じて感じたこと-など。今回は1次調査という位置づけで、2018年度にはより規模を拡大した2次調査を実施する予定(p2参照)(p8参照)。


■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201802/20180202-1.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[5

コメントを見るには...

このページの先頭へ