オランダ・ビュートゾルフ特別講演 「これからの訪問看護ステーションのつくり方」【法人限定・11月28日(火)東京にて開催】

オランダの在宅ケア組織「ビュートゾルフ」日本版の開業支援等を行うビュートゾルフ サービス ジャパン株式会社は、11月28日(火)、TKP東京八重洲カンファレンスセンターにて、ビュートゾルフ創設者であるヨス・デ・ブロック氏を招き、訪問看護開業運営セミナーを開催する。

Buurtzorg(ビュートゾルフ)とは、オランダの地域看護師 Jos de Blok(ヨス・デ・ブロック)氏が2006年に創業した非営利の在宅ケア組織。10年間で900事業所、約1万人の看護師・介護士らが活躍、地域包括ケアの成功事例として世界的に注目を集めている。今回、創業者であるヨス・デ・ブロック氏が来日し、日本での新しい訪問看護ステーションのつくり方や開業・運営方法について講演する。

なお今回は、異業種・同業種問わず、訪問看護事業を検討中の経営者または担当者、独立を検討中の看護師限定のセミナーとなっている。参加費無料。

【ビュートゾルフ特別講演セミナー】

■日時:11/28(火)15:00~17:00(開場14:30)
■場所:東京都 TKP東京駅八重洲カンファレンスホール5C
■プログラム:
15:00~16:00 「オランダ式訪問看護”ビュートゾルフ”発展の軌跡とその仕組み」Buurtzorg Nederland創設者 Jos de Blok氏
16:00~17:00 「ビュートゾルフ型訪問看護を日本で開業するメリットと独自のノウハウについて」Buurtzorg Services Japan 株式会社 代表取締役高橋
■申込締切:11月24日(金)※先着60名
■申込方法:詳細は下記ホームページをご確認ください。
ビュートゾルフ創始者ヨス・デ・ブロック特別講演 訪問看護開業運営セミナー

Buurtzorg services japan株式会社

コメント[6

コメントを見るには...

このページの先頭へ