成功報酬型薬、成功の場合の効果判定など問題ある 加藤厚労相

加藤厚生労働大臣会見概要(10/6)《厚生労働省》

加藤勝信厚生労働大臣は10月6日の閣議後の会見で、スイスの製薬企業ノバルティスが成功報酬型の医薬品の販売が可能になるよう厚生労働省に働きかけを行っているとの一部報道について、具体的な話は聞いていないとしながらも、導入に際しては、「成功」と判断する場合の基準設定など解決すべき様々な課題があるとの認識を示した。

報道によると、ノバルティスが検討しているのは、開発中のがん免疫薬について、効果が認められた場合にだけ、患者に費用負担を求める「成功報酬型」の仕組みを導入するというもの。加藤厚労相は、「成功という場合の薬の効果をどう判定するのか、患者の自己負担や保険給付との関係をどう考えるのか。投薬と治療は一体的に行われるので、そこをどう峻別していくかなど、いろいろな問題がある」と述べた(p1参照)。



■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201710/20171011-1.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[7

コメントを見るには...

このページの先頭へ