財政審、来年度予算案をめぐる議論開始 診療報酬・介護報酬の同時改定が焦点

  • 政府・行政
  • 介護のニュースサイト Joint
  • 8
  • 閲覧数:1,400

《 会合後に会見する田近分科会長代理 》
財務省の「財政制度等審議会」が19日、来年度予算案の編成についての提言(建議)の策定に向けた議論を開始した。

財政再建が遅れないように歳出改革の努力を続けていくべき、との認識を共有。これから具体的な議論を深めていく方針を確認した。医療・介護サービスの効率化など社会保障費の抑制策に踏み込むとみられる。

診療報酬と介護報酬の同時改定が大きな焦点だ。厚生労働省は近く、介護施設・事業所の経営状況を探った実態調査の結果を公表する予定。利益率の高いサービスがあれば、財務省はそれを根拠に「適正化」を迫ってくる可能性が高い。これまでの議論のプロセスでは、訪問介護の生活援助や機能訓練を行っていない通所介護の見直し、集合住宅での過剰サービスの抑制なども主張している。

コメント[8

コメントを見るには...

このページの先頭へ