【虚偽報告】高知市「メディ・アシスト」2デイ事業所取り消し

  • 事故・違反
  • ASTRA医療福祉研究グループ
  • 14
  • 閲覧数:3,737

高知市健康福祉部介護保険課は8月21日、介護給付費などを不正受給したとして、高知市内の株式会社メディ・アシスト(寺岡志社長、同市潮見台2-102)が運営する通所介護事業所「デイサービスたけしま」(同市南竹島町6-28)および「デイサービスしおみだい」(同市潮見台2-102)の両事業者指定を取り消しことを明らかにした。正式な処分発効日は10月1日となる。

市介護保険課事業係によると、両デイサービス事業所では、少なくとも2015年6月から利用者の通所回数を水増ししたり、虚偽のサービス記録を作成したりするなど不正を繰り返していた。

不正発覚のキッカケは、今年に入ってからの市当局への情報提供にあった。監査へと進むなかで次々の不正事実が明るみで出ていったとされる。

市では今後、加算金も含め約600万円を返還するようもとめていくことになる。

以下、今回処分の理由・法的根拠など詳細は次のとおり。

【地域密着型通所介護】

  • 不正請求(法第78条の10第8号に該当)
  • 虚偽の報告(法第78条の10第9号に該当)
  • 虚偽の答弁(法第78条の10第10号に該当)

【介護予防通所介護】

  • 不正請求(法第115条の9第1項第5号に該当)※デイサービスたけしまのみ該当
  • 虚偽の報告(法第115条の9第1項第6号に該当)
  • 虚偽の答弁(法第115条の9第1項第7号に該当)

【第1号通所事業】

第1号通所事業と一体的にサービス提供を行なうことができる地域密着型通所介護および介護予防通所介護において上記のとおり不正が認められたもの(法第115条の45の9第6号に該当)

■高知市「介護保険法に基づく指定地域密着型サービス事業者等の指定の取消しについて」
http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/24/29gyouseisyobun.html

コメント[14

コメントを見るには...

このページの先頭へ