【虚偽記録】大阪・八尾市「おもしろいデイ高安町南」取り消し

  • 事故・違反
  • ASTRA医療福祉研究グループ
  • 9
  • 閲覧数:3,341

大阪府八尾市域福祉部福祉指導監査課は5月2日、介護給付費649万4,634円を不正受給したとして、八尾市内の「合同会社思いやりグループ」(松本一就代表、同市東山本新町6-1-24)が「通所介護おもしろいデイ」事業として訪問介護・通所介護・障害福祉・居宅介護支援lなどを手広く運営展開する一環のひとつ「おもしろいデイ高安町南」(松本一就管理者、同市高安町南3-82)の市指定を取り消した。

市福祉指導監査課によると、デイ高安町南事業所は2015年4月から2016年9月にかけて、実際には利用者が事業所を訪れていないにもかかわらず、あたかもデイサービスを提供したように虚偽の申請をし、介護給付費を不正に受領していたとされる。

市では今後、事業所を運営展開する思いやりグループ社にたいして、不正受給額(649万4,634円)に加算金40%(259万7,853 円)を含めた計909万2,487円の返還を請求する。また、今回の違反事由は悪質だとして、市では詐欺罪での刑事告発も予定しているもよう。

以下、今回処分の理由など詳細は次のとおり。

【地域密着型通所介護】

(1)不正、不当
平成27年4月から平成28年3月まで(平成28年2月を除く)の期間において、サービス提供実績がないにもかかわらず、サービス提供記録等を虚偽作成し、不正に介護給付費を請求し、受領していた。

(2)不正請求
平成28年4月から平成28年9月まで(平成28年5月および平成28年8月を除く)の期間において、サービス提供実績がないにもかかわらず、サービス提供記録等を虚偽作成し、不正に介護給付費を請求し、受領していた。

(3)不正、不当
平成27年5月から平成27年10月までの期間において、事業所においてサービス提供を行なっていない時間についてサービス提供記録等を改ざんし、不正に介護給付費を請求し、受領していた。

【介護予防通所介護】

(1)不正請求
平成27年5月から平成27年10月までの期間において、事業所においてサービス提供を行なっていない時間についてサービス提供記録等を改ざんし、不正に介護給付費を請求し、受領していた。

【第1号通所事業】

(1)不正、不当
この第1号通所事業と一体的に行なっている地域密着型サービスおよび介護予防サービスの介護給付費の請求に関し、不正または著しく不当な行為をした。

■八尾市「指定地域密着型サービス事業者等の指定取消しについて」
http://www.city.yao.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000037/37957/290502kaigotorikeshi.pdf

コメント[9

コメントを見るには...

このページの先頭へ