30兆円を超える社会保障関係費を計上 厚労省予算

平成29年度予算案の概要(12/22)《厚生労働省》、平成29年度予算案の主要事項(12/22)《厚生労働省》、平成29年度厚生労働省関係財政投融資資金計画等案の概要(12/22)《厚生労働省》、平成29年度予算(案)概要《内閣府》

今回のポイント
●厚労省は2017年度における「予算案の概要」を発表
○予算案の総額は、前年度の2016年度当初予算額から3,763億円増となる30兆6,873億円
○社会保障関係費は、同3,852億円増の30兆2,483億円

厚生労働省は12月22日、閣議決定を受けて、2017年度における「予算案の概要」(p1~p38参照)を発表した。

予算案の総額は、前年度の2016年度当初予算額から3,763億円増となる30兆6,873億円(前年度比1.2%増)。このうち、社会保障関係費は、同3,852億円増の30兆2,483億円(同1.3%増)(p2参照)。

「社会保障関係費」の内訳は、年金:11兆4,249億円(同1.6%増)、医療:11兆7,685億円(同1.9%増)、介護:3兆130億円(同2.8%増)、福祉など3兆9,986億円(同0.8%増)、雇用:433億円(同74.6%減)(p3参照)。

予算案の重点事項について、厚労省は、2017年度は「ニッポン一億総活躍プラン」が策定されて初めての予算であり、「新3本の矢」と「働き方改革と生産性向上」に沿った施策に焦点を絞ると提示(p13参照)。「新3本の矢」は、(1)希望を生み出す強い経済(GDP600兆円の実現)、(2)夢をつむぐ子育て支援(希望出生率1.8の実現)、(3)安心につながる社会保障(介護離職ゼロ・地域共生社会の実現)―が柱となる(p13参照)。

(1)について、▽医療分野のイノベーション・ICT化の推進▽医療の国際展開・国際保健への貢献▽観光先進国の実現―などが提示されている。「医療分野のイノベーション・ICT化の推進」では、ベンチャー発のイノベーションを促進するため、医療系ベンチャーのエコシステム確立を行う「医療系ベンチャーの育成支援」に6.2億円が計上されている(p16参照)(p27参照)。

(2)では、▽待機児童の解消・保育人材確保▽女性・若者の活躍推進▽総合的子育て支援の推進―が提示されている。「総合的子育て支援の推進」に関して、分娩施設が少ない地域で開設した分娩取り扱い施設への設備整備に関する費用の支援などを行う「妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援の実施」に207億円が計上されている(p17参照)(p32参照)。

(3)に関して、▽介護の環境整備・人材確保▽障害者、難病・がん患者などの活躍支援▽地域共生社会の実現―が提示されている。「介護の環境整備・人材確保」では、介護保険制度の下で、月額平均1万円相当の介護人材の処遇改善を実施するなど、「介護人材等の確保、生産性の向上」に437億円が計上されている(p18参照)(p34参照)。



■資料PDFダウンロードはこちらから■
http://www.care-mane.com/pdf/news/201701/20170104-6.pdf
http://www.care-mane.com/pdf/news/201701/20170104-7.pdf
http://www.care-mane.com/pdf/news/201701/20170104-8.pdf
http://www.care-mane.com/pdf/news/201701/20170104-9.pdf
記事の資料ダウンロード・著作権について
提供:厚生政策情報センター

コメント[4

コメントを見るには...

このページの先頭へ