【架空請求】愛知県「ナーシングデイ長寿の杜」取り消し

  • 事故・違反
  • ASTRA医療福祉研究グループ
  • 10
  • 閲覧数:3,928

愛知県健康福祉部高齢福祉課は11月30日、介護報酬を不正に請求・受領したとして、尾張旭市内のシエン株式会社(塚本充社長)が運営する通所介護事業所「ナーシングデイ長寿の杜」(尾張旭市庄中町1-2-12)の指定を取り消した。

県高齢福祉課では今後、長寿の杜事業所(9月1日付で「デイサービスひょうたんの湯」から「ナーシングデイ長寿の杜」へと事業所名を変更)に対し、これまでに不正に受領した介護報酬42万7,997円(保険者分+利用者負担分)に加算額 15万4,078円(保険者分×40%)を加えた合計58万2,075円を返還させていくことになる。

なお県では、不正請求と認定した額以外に不当に請求した分もあるものと見ており、自主点検のうえ別途返還するように当該法人に今後指導していくともしている。

以下、処分の理由・法的根拠など詳細は次のとおり。

【通所介護事業における居宅介護サービス費の請求に関する不正】法第77条第1項第6号に該当

当該事業所は、1名の利用者について、通所介護サービスを提供していないにもかかわらず、平成28年2月から7月にかけて、計50件、42万7,997円の介護報酬を架空に請求した。

【介護予防通所介護事業における介護保険法違反】法第115条の9第1項第9号に該当

人員、設備等を一体的に運営していた通所介護事業所で、上記のとおり介護報酬を架空に請求した。

■愛知県「介護サービス事業所の行政処分について」
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/korei/0000044439.html

コメント[10

コメントを見るには...

このページの先頭へ