【サ高住廃業放置】大阪府「シニアパラダイス泉佐野」取り消し

  • 事故・違反
  • ASTRA医療福祉研究グループ
  • 11
  • 閲覧数:4,489

大阪府住宅まちづくり部都市居住課は11月18日、大阪市内の株式会社メディコア(嶋崎忍社長、大阪市西区西本町3-1-53)が運営していた「シニアパラダイス泉佐野」(泉佐野市高松東1-10-37)について、そのサービス付き高齢者向け住宅の事業登録を取り消した。

このサ高住事業運営者であるメディコア社は、2014年2月12日に登録をおこない、泉佐野市高松東地先に登録番号「大阪府知事(サ高住25)第0040号」として「シニアパラダイス泉佐野」を同年9月に開設した。泉佐野センタービル内にある同施設は、泉佐野市街地から犬鳴山までが一望できる眺望がウリで、同センタービル内のクリニックとも連携して、医療面でのサポート体制も整えていていたとされる。

しかし府への届け出などが一切ないまま、いつのまにかサ高住事業所の実態がなくなっていることが判明。府都市居住課安心居住推進グループが調査にはいったところ、登録事業者の所在自体を確認できなかったという。

そのため所在不明を理由として、「大阪府告示第1647号」(9月28日付)として、申し出がない場合は登録を取り消すことがある旨の告示を今年執行したものの、何の申し出もなかったという。そのため「高齢者の居住の安定確保に関する法律」第27条第1項の規定により今回の取り消しに至ったもようだ。

以下、今回処分の理由など詳細は次のとおり。

大阪府への廃止届の提出がないまま、サービス付き高齢者向け住宅の実態がなくなっている事実が判明し、調査したところ、登録事業者の所在を確認できなかった。このため、所在不明を理由とし、申出が無い場合は登録を取り消すことがある旨の告示を行なったが、申出がなかったため、取り消すもの。

■大阪府「大阪府告示第1647号」
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10201113_po_%E2%91%A2%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%B1%85%E4%BD%8F%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%AE%9A%E7%A2%BA%E4%BF%9D%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%81%AB%E8%A6%8F%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E7%99%BB%E9%8C%B2%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80%E3%81%AE%E6%89%80%E5%9C%A8%E5%9C%B0%E3%81%AE%E7%94%B3%E5%87%BA280926.pdf?contentNo=4&alternativeNo=
■大阪府「サービス付き高齢者向け住宅事業の登録の取消しについて」
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=25747

コメント[11

コメントを見るには...

このページの先頭へ