【指導改善されず】岩手県「一本木の館」取り消し

  • 事故・違反
  • ASTRA医療福祉研究グループ
  • 11
  • 閲覧数:3,568

岩手県保健福祉部長寿社会課は11月14日、介護報酬を不正に受給していたとして、滝沢市内で介護サービス事業を展開する株式会社明進(村上進社長、同市後268-546)が運営する訪問介護事業所「一本木の館」(村上明子管理者)の介護保険事業者の指定を取り消した。

県長寿社会課介護福祉担当によると、一本木の館事業所では昨年8月から今年4月にかけて訪問介護員が1人も勤務していない時間帯に介護サービスを提供したと装ったり、訪問介護を担う資格がない職員に介護サービスをさせたりして、介護報酬計約215万円を不正に請求し受給していたとされる。

今回の不正発覚のキッカケは今年2月の監査にあった。あらためての5月の監査でも不正事実が判明。その後は県により特別検査が今年6月15日に実施され、9月5日には特別検査結果(8月1日付)が盛岡広域振興局より公表されていた。

それによると、たとえば運営に支障のない職員配置、外部サービスの適切な利用、職員不在の時間帯の勤務態勢見直しなどに関することや、余分に徴収した食費の返還、欠食者への返還等、食費に関することなど11項目について「改善済み」と事業所側は回答していたが、実際にはうち8項目についての結果は「未改善」と評価された。結局、これまで複数回にわたる指導で指示された16項目のうち13項目について「未改善」という結果とされたことになる。

それらの経緯から県は悪質な不正と判断し、今回の厳しい行政処分へとつながったものと思われる。

「有料老人ホーム特別検査結果」(8月1日現在)の項目ごとの詳細は次のとおり。以下、【改善または是正を指示した主な事項名】(1)施設からの回答(2)確認結果――の順。

【運営体制の強化に関すること】(専門的な知識および豊富な経験を有する者の参画)
(1)改善中(2)未改善

【職員体制に関すること】(運営に支障のない職員配置、外部サービスの適切な利用、職員不在の時間帯の勤務態勢の見直し)
(1)改善済(2)未改善

【敷金の返還に関すること】(敷金の返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善中(2)未改善

【食費に関すること】(管理規定改正前に余分に徴収した食費の返還、欠食者への返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)未改善

【暖房費に関すること】(管理規程改正前に余分に徴収した暖房費の返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)未改善

【洗濯に係る費用に関すること】(管理規定改正前に徴収していた洗濯代の返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)未改善

【買い物代行に係る費用に関すること】(合理的根拠の算定、実費と差額の返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)未改善

【」入浴料に関すること】(規定なく徴収していた入浴料の返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)未改善

【入居者預かり金規定の経理に関すること】(個別金銭出納台帳と支出金額の根拠の不一致、差額の返還、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)一部改善

【入居者から預かった通帳の管理に関すること】(支出金額の確定、返還金の返金)
(1)改善済(2)未改善

【入居者預かり金に関すること】(金銭管理契約の締結、規程の遵守)
(1)改善済(2)一部改善

【帳簿類の整備に関すること】(一時金、利用料その他の入居者が負担する費用の受領の記録の整備、会計に関する帳簿の整備等)
(1)改善中(2)未改善

【管理規程および重要事項説明書に関すること】(内容の整合性、届出等)
(1)改善済(2)一部改善

【運営懇談会に関すること】(第三者的立場の者の参画)
(1)改善中(2)未改善

【他法令に関すること】(労働基準法令に基づく許可および届出)
(1)改善中(2)未改善

【管理費・光熱水費・暖房費・家賃相当額に関すること】(日割り計算、返還を証する書類の整備)
(1)改善済(2)未改善

■岩手県「有料老人ホームに係る特別検査の結果について」
http://www.pref.iwate.jp/fukushi/kaigo/37251/048193.html

■岩手県「岩手県報 介護保険法の規定に基づく指定居宅サービス事業者の指定の取消し」
https://www3.pref.iwate.jp/webdb/view/outside/s19Kenpo/index.htm

コメント[11

コメントを見るには...

このページの先頭へ